TEL LINE
【21時迄診療】一宮市の肩こり専門治療院なら|カスタマイズ整体 笑

Blog記事一覧 > 未分類,腰痛症状 > ぎっくり腰で何を見る?

ぎっくり腰で何を見る?

2017.05.18 | Category: 未分類,腰痛症状

治療院デスクより・・・

 

 

最近また朝や夜が冷えますね!

私は極度の暑がりなので涼しいぐらいなんですが丁度いいんですけどね。皆さんは気温の差で体調崩さないようにお気をつけください!

 

さてさて、ではでは、本日も肩こりではなく、「ぎっくり腰」のお話をしていきます!

 

前回も動画でお話した通り、ぎっくり腰というのは前進の筋緊張による痛みだ!というお話をさせていただきました。

 

ということは一部の筋肉の緊張が取れたからといっていたみが取り切れるわけではないんですね!

そんな今回はぎっくり腰の際に見るべき筋肉を一つだけお伝えしていきます!

 

そして、実際こられたお客様のケースでお話していくと・・・

その方は立つ瞬間に腰に激痛が走り、その日に来院していただきました。

 

その日は痛みが強くて動くのも怖いということでした。

 

状況から体勢、実際い今どういう動きをしているのか、などを分析し、できる範囲で検査を行ったところ、見つけたんです。

この方のポイントを!!

 

それが・・・

 

「菱形筋」という筋肉です!

この筋肉は肩甲骨を内側に寄せたりする動作で使われたりします!

しかし、この方は腰の痛みが強すぎるため上半身を前かがみにして痛みを緩和させていたのです。当然無意識です!

 

人間の体は、どう動かすにしても一つ一つの筋肉が動いて大きな力に変わっていますが、この方は腰の激痛があるためかばってしまい余計に体を悪くしてしまっていたんです!

 

しかし、自分ではもうどうしようも無い状態でしたので私を頼っていただけたみたいです。

ありがたいですね。。

話が逸れましたが、前かがみになったことで菱形筋の働きはほぼzeroとなってしまったため、歩くことも立つことも困難になってしまっていたということです。

 

菱形筋調整後は痛みは残るものの、動きの怖さは無くなりました!

 

そして2回目の施術で痛みまでなくなってしましました!

その方の自己治癒力も高かったんでしょうきっと!

 

まだまだたくさんぎっくり腰で見るべきポイントありますのでまた暇なら動画でも見てくださいね!

 

 

一宮市 慢性症状専門 整体院

カスタマイズ整体 笑〜しょう〜

10:00〜21:00

不定休 完全予約制 駐車場あり

訪問や出張整体もやってますお問い合わせは↓

080−9736−0635

customize.sho@gmail.com