TEL LINE
【21時迄診療】一宮市の肩こり専門治療院なら|カスタマイズ整体 笑

群発性頭痛

ある時期に集中して起こる頭痛で、男性に多くみられます。⽬の奥がえぐられるような痛みでアルコールなどが引き⾦となってしまうことが多い頭痛。緊張性の頭痛や偏頭痛と⽐べて患者数が少ない。群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こることから名付けられた。
例えば、春先や秋⼝などの季節の変わり⽬に始まり、⼀度痛みが現れると毎⽇のように頭痛を起こすようになります。痛みはたいてい⼀定期間(1〜2ヶ⽉)くらい続きます。その後半年後〜3年後としばらく時間が経った後再び同じような頭痛に襲われる。頭痛のある時期を「群発期」と呼びます。
この頭痛は20〜40代の男性に多く同じ世代の⼥性の4〜5倍とされています。

症状

頻度:1〜2ヶ⽉間に集中して起こり、半年後や数年後に再発する
痛む箇所必ず頭の⽚側で痛む側の⽬の奥や周囲、上顎のあたりから⽚側に広がる
痛み⽅:⽬の奥がえぐられるような激痛、痛くてじっとしていられない耐え難い痛み
経過:1〜2回/1⽇で15分〜3時間ほど続く、毎⽇ほとんど同じ時間に痛み出す(明け⽅が多い)
随伴症状(同時に伴う症状):⽬の充⾎や涙が出たり、⿐⽔などを伴うことがある

群発頭痛の仕組み

この頭痛は頭部の⾎管の拡張が関わっていると考えられており、群発頭痛の場合は⽬の奥を通っている眼動脈が拡張して炎症を引き起こすため⽬の奥が痛むとされている。
この⾎管を涙腺瞳孔をコントールしている⾃律神経が刺激されて随伴症状を伴うことがある。

群発頭痛の誘因

アルコールが引き⾦となり飲酒後30分から1時間ぐらい経つ頃に頭痛が現れやすい。群発期に飲酒すればかなり⾼い確率で頭痛が出現してしまうため、群発期は禁酒するべきである

対策・セルフケア

ストレスの軽減

⾎管の収縮弛緩が⼤きく関わっているとされているため、体にストレス加わっている状態とリラックスするときの差が影響を与えてしまうため、群発期には特にストレスになるようなことを避けなければなりません。

禁酒

先ほどもあったようにアルコールが頭痛の引き⾦になることはほぼ間違いありません。群発期は当然ですが、それだけでなく⽇頃からの飲酒も控えるようにしたほうが頭痛軽減にはいいのかもしれませんね。

病院の受診

上記のような症状が疑われる場合はまず病院(神経内科)を受診しましょう。診断され満⾜に治療が受けられなかったり、いち早くの改善を望まれるのであれば病院との併⽤で当院へお越しください。

当院では・・・

⾎管の拡張が原因で炎症が起こり頭痛が発⽣してしまう群発頭痛に対しては、⾎管の異常拡張が起こってしまうあなたの原因をお話しで伺っていきます。
施術としては、⾃律神経と関係する頚椎の調整をカイロで⾏い、第⼀次呼吸を整えるため、⾻盤(仙⾻)の部分の調整を筋膜を使って調整し体の機能がしっかりと働くようにしストレスに強い体づくりを⾏っていきます。

一宮の整体院 カスタマイズ整体 ~しょう~

カスタマイズ整体 ~しょう~

住所:愛知県一宮市昭和2-4-17 グリーンアップル
交通:名鉄津島線観音寺駅より徒歩5分
受付:10:00~21:00(最終受付20:00)
休日:不定休
備考:完全予約制

地図